【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止のための運用体制のお知らせ(8/3以降)

 7月30日付、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための佐賀大学の
活動制限指針について」を受け、当部門の運営を以下のようにさせて頂きます。
利用者の皆様には、引き続き、不便をおかけしておりますが、ご協力頂けますよう、
よろしくお願い申し上げます。

〇共同利用設備に係る方針について
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための佐賀大学の活動制限指針
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための佐賀大学の活動制限指針(総合分析実験センター分)
 ※2020年7月30日現在、佐賀大学はレベル2と判断しております。

1、機器利用について

卒業論文・修士論文・博士論文の研究に関わる学部4年生・教職員の利用を許可します。
同じ部屋の滞在者は一名までとします。
そのために、予約時に同じ部屋の機器と予約時間帯をずらす等の工夫をお願いします。
なお、利用の際は、滞在時間を短くする等、利用者自身で3密に注意の上、ご利用ください。
また、感染対策として、キーボード等を消毒して頂いて構いませんが、直接エタノール等を拭きかけるのは厳禁です。
部屋に滞在中は換気扇を稼働して下さい。

2、新規利用および取扱説明について
オリエンテーション、教育訓練、利用講習、取扱説明会は原則オンラインで実施可能なもののみ行います。

〇職員の勤務について
 当部門職員は、通常出勤しますが、可能な限り、対面でのやり取りを避け、メール等での対応とさせていただきます。
また、在宅中はMicrosoftのTeamsを常時接続しておくなど、対応しやすい状態を取ります ので、何かあれば、遠慮なくご連絡ください。

問い合わせ等は、以下の手段をご利用ください。
-----------------------------------------------------------------
メール:
 honjyo-kiki-staff@ml.cc.saga-u.ac.jp
 (センター機器分析部門・生物資源開発部門)
 synergy@ml.cc.saga-u.ac.jp(チーム シナジー)
 f0835@cc.saga-u.ac.jp(放射性同元素利用部門)
Teams:
 永野 nagano、真瀬田 st8648、新地 sm4580
 教職員    @cc.saga-u.ac.jp
 学部生・院生 @edu.cc.saga-u.ac.jp
-----------------------------------------------------------------

 

新規利用および取扱説明について

 新型コロナウィルス感染拡大に伴い、長期にわたりご不便をおかけしており、申し訳ありません。
この度、中止していた新規利用および取扱説明の受入を 制限付きで再開することになりましたので、下記の通り、ご案内いたします。
慣れない対応でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご協力よろしくお願いいたします。
ただし、新型コロナウィルスの感染状況によっては、再度、中止する場合もありますので、ご注意ください。


1、新規利用申請について

新規利用を希望される方のうち、まだ利用申請を出されていない方は、本サイトの「利用申請」ページより申請ください。

 利用申請ページ

オリエンテーションは全てオンラインで対応致します。 研究室単位で実施しますので、研究室の代表者(学生等)は、
下記のExcelファイルに必要事項を記入し 、メールにて申し込みください。 折り返し、日程調整のご連絡をさせていただきます。

 オリエンテーション 申し込みExcelファイル

▼メール送付先
農学部の研究室: noukyoyo-staff@ml.cc.saga-u.ac.jp
理工学部の研究室:rikyoyo-staff@ml.cc.saga-u.ac.jp
その他の学部の研究室:rikyoyo-staff@ml.cc.saga-u.ac.jp


2、機器の取扱説明について

3密回避のため、個別対応とさせていただきます。対応が限られますので、完全予約制とし、飛び入りでの依頼はご遠慮ください。
希望者は、以下からお申込みください。折り返し、日程調整のご連絡をさせていただきます。

 機器取り扱い説明 申し込みフォーム

本庄地区 総合分析実験センター 機器分析部門の紹介

機器分析部門は、共同利用施設として、教育研究に必要な設備・機器の整備と、適切な管理運営により、先端的な研究の推進と分析機器に関する教育の支援を行っています。

トピックス

  • 当部門には、核磁気共鳴装置、単結晶X線構造解析装置、電子スピン共鳴装置など、化学構造研究、材料物性研究を中心とした幅広い実験に利用できる機器を整備しています。
  • 全ての機器は、佐賀大学の教職員・学生であれば誰でも利用可能です。また、学外利用者へも開放しています。研究目的に適した手法・機器を選定し、機器利用のお手伝いをします。

業績発表における謝辞記載のお願い

「総合分析実験センター(兼・理工学部共用機器管理部門)」及び「農学部共用機器管理部門」の設備・機器利用に関して

 佐賀大学の共用設備を利用した研究報告を行う際には、学術論文や学会発表の謝辞欄等へのご記載にご協力ください。
 記載方法は 、以下の通りです。

2020年3月以前に共用設備を利用した成果を報告する場合
 ■2020年4月以降に共用設備を利用した成果を報告する場合

付表「佐賀大学 共用利用設備・機器(本庄キャンパス)謝辞記載対象 一覧」

※複数年にまたがって共用設備・機器を利用した成果を報告する場合は、
「2020年3月以前~~」と「2020年4月以降~~」の両方を熟読の上、それぞれについて記載ください。