サイクリックボルタンメトリ測定装置(CV測定装置)

北斗電工株式会社 HSV-110

概要

 

電気化学は化学、バイオ、材料、エレクトロニクス等の広い分野と関連した学問・技術となっており、電気化学的な測定方法の利用がますます盛んになってきています。

この多くの電気化学測定の中で、ボルタンメトリは電位に依存するあらゆるタイプの境界プロセスを直観的に把握できる方法の一つです。

本装置は広い研究分野の方々にご利用頂けるよう、容易に操作・取扱等を行えるよう配慮するとともに、高性能、高機能も同時に実現したサイクリックボルタンメトリを中心とした電気化学測定の基本ツールです。

特長

測定モードとして7種の基本測定方法に対応しています。

         スイーブテクニック       CV測定(サイクリックボルタンメトリ)
LSV測定(リニアスイープボルタンメトリ)
ステップテクニック 定電圧シングルステップ測定
定電流シングルステップ測定
定電圧ダブルステップ測定
定電流ダブルステップ測定
自然電位測定

仕様

ポテンショスタット

最大出力電圧 ±12V

最大出力電流 ±100mA

電流レンジ 100mA, 10mA, 1mA, 100μA, 10μA, 1μA, 100nA, 10nA,

AUTO (8レンジおよびオートレンジ)

制御電流(定電流制御時) 0〜±6V (設定分解能:1mV)

ファンクションジェネレータ

スロープスイープ速度 10V/S1mV/min (7レンジ)

CV測定繰り返しサイクル数 199サイクルおよび連続

ステップ時間設定幅 1ms999.9min (2レンジ sec/min)

管理者  池田進 内線8829 ikedass@cc.saga-u.ac.jp

設置場所

総合分析実験センター本庄地区・理工学部9号館

利用条件

初めて使用する際にはお問い合わせ下さい。