円偏光二色性分散計

日本分光株式会社J-820 

CD.JPG

性能

 円偏光二色性や旋光分散の現象を利用して、光学活性(偏光面を回転させる作用)をもつ物質の局所構造を探ることができます。最高スキャンスピードは10,000nm/min、最大4チャンネルの同時データ取り込みが可能になっています。波長領域は163?1100nmです。