蛍光寿命測定装置

浜松ホトニクスOB920型

概要

時間相関単一光子計数法によって蛍光減衰曲線、時間分解蛍光スペクトル、及び蛍光異方性減衰曲線を測定することができます。試料は液体でも固体でも測定できます。りん光測定用の装置を付属していますので、りん光減衰曲線及び時間分解りん光スペクトルも測定できます。ただし、液体窒素温度(77 K)での測定はできません。

性能

 ・寿命範囲: 100 ps 〜 10 s
 ・励起波長範囲:
 
(ナノ秒フラッシュランプ)110 nm 〜 850 nm
(キセノンフラッシュランプ)200 nm 〜 1000 nm
 ・発光波長範囲: 200 nm 〜 850 nm
 ・寿命解析: 4成分指数関数まで(非線形最小二乗法)
 ・試料温度制御: 通常の循環恒温槽を用いた範囲内で可能

利用条件

料金は料金表を御覧ください。試料セルはセンターでは準備しておりませんので各自ご準備ください。使用した経験がない場合は、ご相談ください。