パッチクランプイオンチャンネル計

Axon Instruments製 Axopatch 1D

概要

本計測装置は人工脂質二重膜におけるイオンチャネル形成の様子を観察することができます。微小ガラス電極先端に脂質膜を作成し、電極内にサンプル溶液を添加します。脂質膜にイオンチャネルが形成される際のイオンが膜を透過するときに生じる膜電位の変化を観察することでチャネル形成を確認します。

性能

脂質膜は用いる脂質の種類の変えることによって種々の膜を作成することができます。また、イオンの種類も電解質の種類を変えることで種々のイオン種が測定可能です。基本的に測定は水溶液系で行いますのでサンプル化合物は水に溶解しやすいものが望ましいとおもわれます。膜電位の設定は-200~+200mVまで可能であり、電流値はpAスケールで観察します。

コメント

脂質膜中でイオンチャネル形成能をもつ物質であることが測定条件であり、イオン透過能が低いイオノフォアなどのキャリアタイプの測定には向いておりません。

利用条件

詳細は兒玉浩明までお問い合わせ下さい。