波長分散型蛍光X線分析装置

理学電気工業株式会社 ZSX Primus II

XRF_2.jpg

性能

・4kWタイプ超薄窓Rh-X線管球

・分光結晶は、LiF(200), Ge, PET, RX25, LiF(220)装着し、F〜Uまでの幅広い元素の定量・定性分析が可能

・48試料のサンプルチェンジャにより,48試料までの自動化測定が可能

・理論マトリックス補正にガラスビード補正(融剤の揮散補正)や希釈率補正・理論強度重なり補正などが含まれ,揮発性成分を多く含んだ試料や希釈率の異なるガラスビード、幅広い組成の物質についても一つの検量線で正確な定量測定が可能

・視野制限スリットにより、500μmまでX線をスポット状に絞る事が可能で,R-θステージと合わせて,小径での最適な分析と,内蔵CCDカメラを用いたマイクロマッピング分析が可能

・豊富なFP法(ファンダメンタルパラメーター法)ソフトウエアを内蔵している。散乱線FP法では、非測定成分を設定せずに測定成分について正確な分析が可能

・点滴ろ紙を用いる点滴法により,液体試料の定性・半定量(FP法)・定量(検量線法)分析が可能で,専用点滴ろ紙を用いる事でppbレベルの分析が可能

・小径試料用測定セルや微小試料用セルY型試料マスクを各種揃えてあり,岩石・金属・土壌・セラミックス、さらには食品まで、固体から粉末までさまざまな形態の試料測定に対応

利用条件

・測定試料を相談の上、測定方法を決めさせていただきます

・機器の操作の説明を受けた上で,分析をお願いします

・依頼分析も可能です

・消耗品は原則ご負担をお願いします.また、機器使用料金はご相談ください