平成16年度
理科教員ならびに農業科教員のための
遺伝子組換え実験教育研修会

主催:佐賀大学総合分析実験センター

下記のような研修会を開きました。

1.趣旨  平成16年2月に『遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律』(以下、規制法)が施行されました。規制法では、これまでの「教育目的組換えDNA実験」に対応する特別な規定は置かれていません。しかしながら、適切な拡散防止措置を執れば、中学・高等学校の理科教室でも「安全性の高い実験」を行うことが可能です。「安全性の高い実験」を行うためには、遺伝子組換え実験を実施した経験を有する者を配置することが重要になってきます。そこで、佐賀大学総合分析実験センターでは、理科教員ならびに農業科教員を主たる対象としたトレーニングコースを開催します。
 医薬品や食品などの例でわかるように、遺伝子組換え技術が日常生活の様々な面で活用されています。また、ヒトゲノムの解読の例でもわかるように、この技術は生物科学の進展に大きく寄与しました。反面、遺伝子組換え生物が生物種の多様性に影響を与える可能性も指摘されています。教育の現場に新しい教材として遺伝子組換え実験を取り入れることで、生命の仕組みを学習し、また、科学技術と社会とのつながりについて考察する機会を提供できると期待しています。
2.参加対象 佐賀県内の中学・高等学校現職教員、教員志望者
3.募集人員 20名程度まで
4.実施期日 平成16年12月25日(土)〜平成16年12月26日(日)
5.実施場所 佐賀大学・農学部
6.受講料 無料
7.講義内容 遺伝子組換え実験に関する講義、遺伝子組換え実験の実習、遺伝子組換え実験に関する法律等の講義
8.講 師 等
永野 幸生   佐賀大学総合分析実験センター 助教授
片山 諭   佐賀大学総合分析実験センター 助手
穴井 豊昭   佐賀大学農学部 助教授(遺伝子組換え実験安全主任者)
9.受付期間 平成16年11月29日(月)〜平成16年12月10日(金) (土、日、休日を除く8:30〜17:30)
10.申込方法 佐賀県内の中学・高等学校現職教員は、受講申込書(WORD形式PDF形式一太郎形式)に必要事項を記入し、次の受付窓口にFAX又はE-mailで申し込んでください。
〒840-8502
佐賀市本庄町1番地
佐賀大学総務部研究協力課研究協力係(猿渡啓介)
T E L:0952−28−8880
F A X:0952−28−8883
E-mail:saruwata@cc.saga-u.ac.jp

教員志望者は、佐賀大学文化教育学部理数教育講座・宮脇博巳または佐賀大学総合分析実験センター・永野幸生に直接申し込んでください。受講申込書はありません。

11.受講者決定 締め切り後、受講者を決定し「受講決定通知書」を交付します。
12.連 絡 先
・講義、実験に関する問い合わせ先   佐賀大学総合分析実験センター
    助教授・永野幸生
    E-mail: nagano@cc.saga-u.ac.jp
    TEL:0952−28−8898
・ 申込等に関する問い合わせ先   (現職教員の方)
  佐賀大学総務部研究協力課研究協力係
    研究協力係 猿渡啓介
    E-mail:saruwata@cc.saga-u.ac.jp
    TEL:0952−28−8880

  (教員志望者の方)
  佐賀大学文化教育学部理数教育講座
    教授・宮脇博巳
    E-mail:miyawakh@cc.saga-u.ac.jp
    Fax:0952−28−8319
  佐賀大学総合分析実験センター
    助教授・永野幸生
    E-mail:nagano@cc.saga-u.ac.jp
    TEL:0952−28−8898