高引用論文・総説 (Highly cited papers or reviews)

論文・総説の情報 引用数 (Citations)  注釈
Sasaki Y, Nagano Y. Plant acetyl-CoA carboxylase: structure, biosynthesis, regulation, and gene manipulation for plant breeding. Biosci Biotechnol Biochem. 2004 Jun;68(6):1175-1184.PubMed PMID: 15215578. 264 総説です。佐賀大学に来てからのものです。
Sasaki Y, Konishi T, Nagano Y. The Compartmentation of Acetyl-Coenzyme A Carboxylase in Plants. Plant Physiol. 1995 Jun;108(2):445-449. PubMed PMID: 12228484; PubMed Central PMCID: PMC157362.   163 総説です。
Iizasa E, Mitsutomi M, Nagano Y. Direct binding of a plant LysM receptor-like kinase, LysM RLK1/CERK1, to chitin in vitro. J Biol Chem. 2010 Jan 29;285(5):2996-3004. doi: 10.1074/jbc.M109.027540. Epub 2009 Dec 1. PubMed PMID: 19951949; PubMed Central PMCID: PMC2823440.  151 学術論文です。佐賀大学に来て最初に配属された学生の論文です。Google Scholarにより2007年以降の学術情報を"Saga University"で検索すると、Topにランクされます。2017年11月14日現在)。
Sasaki Y, Hakamada K, Suama Y, Nagano Y, Furusawa I, Matsuno R. Chloroplast-encoded protein as a subunit of acetyl-CoA carboxylase in pea plant. J Biol Chem. 1993 Nov 25;268(33):25118-25123. PubMed PMID: 7901221. 142 学術論文です。私の卒論の時に始まった研究テーマですので、感慨深いです。恩師の佐々木幸子が日本農芸化学会賞を受賞した際の主たる業績の一つです。
Madoka Y, Tomizawa K, Mizoi J, Nishida I, Nagano Y, Sasaki Y. Chloroplast transformation with modified accD operon increases acetyl-CoA carboxylase and causes extension of leaf longevity and increase in seed yield in tobacco. Plant Cell Physiol. 2002 Dec;43(12):1518-1525. PubMed PMID: 12514249.  109 学術論文です。

(2017年11月14日に行ったGoogle Scholar検索に基づき、100件以上のものを載せました。一般に、引用数が100を超える論文は研究社会に大きな影響を与えます。)

他の発表論文はこちらをご参照下さい。

ここから、2013年に、PLOS ONEに発表したカンキツの論文が、現在50回引用されており、急激に引用数を伸ばしている様子がわかります。